名古屋・チャネリング・ヒーリング・レイキ・伝授・アロマタロット・チャクラアロマ

セッションと料金

セッションをお受けになる前に

セッションをお受けになる前に

セッションをお受けになる前に知っていただきたいことがあります

セッション最中にこのお話しをすると その分お時間がなくなるので

文章にしました

「高次元存在体感チャネリング」

わたしが高次元存在をチャネリングで呼んで クライアントさんに繋げていくというワークは、今までたくさんのチャネラーの方などにお会いしましたが、これが出来る方は珍しいです

存在を呼ぶことができても、クライアントさんが、なんらか「スピリチュアルな体験」をする確率が高いことは 稀なのです

エネルギーを感じる 光を見る 色を見る メッセージが浮かぶ
色々ありますが、それもその人の持っている資質に関係してきます

体感が得意なのに、聞きたいと思っていても、自分の資質から得意な感覚が開けていくものなのです

ご自分の感覚の得意なものを伸ばすことをお勧めします

そして たくさんの体験談で皆さまがスピリチュアルな体験を書かれているので

「繋がるのが 体感することが 当たり前」と 思わないでくださいね

わたしは セッションの時に これを お伝えしなければならないと思って 最近は 下記のようにお伝えしています

【何も感じない 何も分からない、それが当たり前です】

それが スタートラインです

それぞれの 経験値や サイキック活性レベルが違うからです

実例を挙げると

「わたしは 昔 自分がサイキッカーの自覚がないころに

体調を良くするために毎月ヒーリングに通っていました

大体はヒーリングや 心の在り方のセミナーに通っていたのですが

高波動を浴びれば 浴びるほど サイキックが活性しました

セミナーに出ているだけで 参加者さんが白いオーラで繋がるのを見たり 不思議体験を経験しました

1日10万円を超す チャネリングセミナー に 出た時のことです

「宇宙存在 ハイヤーセルフと繋がる」項目は この1日セミナーの

クライマックスの ハイライトでした

皆さん とても ワクワクしていました

チャネラーが2人がかりで 宇宙存在などを降ろすと

わたしは とても体感が激しく まさに 繋がっている、、、という経験をしました

それは 見えない存在を 初めて 「誰かから伝えられた」ではなく 「自分」が 認識した瞬間で 幸せな時間でした

セミナーが終わると それぞれに 皆が興奮して お話しをしていましたが

聞いていると 体験できた方と出来なかった方に別れていました

そして 体験できた方は 比較的 エネルギーを扱うセミナーやヒーリングに連続で通っていた方達でした

内容がおもしろそう、、、というので 試しに このセミナーにだけ初めて参加した方で 何かを体験した方は ほとんどいなかったようです」

つまり わたしの行うセッションは 初めてでも スピリチュアルな体験をする方の割合が高いというのが臨床経験で分かりますが

基本的に 初めての方は「わからない」のが 普通 だということです

このことをお伝えしたら あるクライアントさんは ほっとしていました

「スピリチュアル体験」をするのが 当たり前で できなかったら、と不安に思っていらしたようです

「サイキック覚醒」 覚醒 という言葉は わたしに認識からは

「臨死体験」をして 蘇ったら霊視ができるとうレベルのお話で

「サイキック活性」は 高波動エネルギーを受けて、活性するものだと私の経験からもお伝えできます

わたしは 元々そういう感覚に優れていた方かもしれませんが

体調を良くするために 毎月高波動ヒーリングやセミナーに出続けて
(少なくとも 1日 5時間以上)

参加するたびに 丹光(サイキック活性の証の光・不思議日記丹光編参照)が美しく さまざまなバリエーションを持ち 視えない世界が広がっていき 最後は 高次元宇宙存在からコンタクトがありました。

そこにたどり着くのに 約半年

それは連続して高次元エネルギーを浴び 波動が下がる前に またヒーリングなどを受けた結果です

わたし自身が視えないエネルギーの莫大なアンテナ(受信機)になっているので セッションやWSで 皆さんに一気に 高次元存在を降ろし繋げることができるのです

視えないエネルギーを視える方や 卓越した錬金術のサイキッカーの方にも それは 言われました

アトランティスの封印解除では その頃もまた同じくエネルギーを扱い 肉体を抜けだし 天上から莫大なエネルギーを 地上に降ろしていたとのことです

こういう資質があるので クライアントさんに スピリチュアルな体験をして頂くことが比較的多いのです

そして 繋げるだけではなく わたしのエネルギーをたくさん浴びると サードアイやクラウンチャクラが活性するようになるのも 臨床経験から明らかなことです

1回で全てを覚醒しようと思わないで下さいね

エネルギーの世界の法則からも「覚醒」は魂レベルのイベントであり

徐々に「活性」が普通の順序なのです

またご自分がものすごい活性をしていると言っても、もっと上の体験をしている方がいるというのはあることなのです

またサイキックもハートも活性には上には上、さらに進んだ世界があり
終わりなどない 宇宙のようなものなのです

また「感じる」という定義を 自分の思いで作り上げてしまわないことも大事です

最初は空気が変わった、圧力が違う、生ぬるい、あたたかい、ビリビリする、熱い、何となくハグされている感覚

それら全て「感じる」世界であり、ちょっとした違和感も見逃さないで「感覚」に落とし込んで下さい

「ちょっと空気感が違う?これはたぶん錯覚で、このレベルでは「感じる」ではない」

このように頭で否定すると「感じる感覚」を作らなくしていきます

左脳で否定すれば、脳は「感じる感覚」を 作らなくなるのです

「感じる回路」を作るのは、頭ではなく感覚を素直に認めていることの連続なのです。

あともう一つ大事なことは「当たり前」と感動がないことは結果 活性を鈍くします

ほんの少しの体験からも「うれしい」と喜びで受け止めると

喜びのエネルギーが回路の活性を促します

ですから ある程度 感覚が開かれている方で

「こういう経験があります、いつも 光を見ています」と いう 受け止め方の方などは

正直 もったいないと思います

開いた回路が いきなり 閉じてしまうことさえ この不思議世界ではあるうるからです

自分の体験を喜びを持って受け入れた時に倍増して効果をもたらすのは

無邪気な子供の方が、こういう回路が元々活性しやすい・しているので分かりやすいと思います

(子供はだんだんその回路を閉じ、普通と言われる感覚に育っていきます)

そしてセッションではわたしが高次元存在と繋げていくエネルギーサポートをしていきますが

宇宙の法則 「波動の法則」により、自分と同じ波動やレベルで起こる現象は違うということです

ご自身が高い波動を放っているのなら、それと引き寄せあい、繋がるということです

また反対も然り

そしてご本人の波動状況は毎回違うので
「前回は凄く体感したけど、今回は分からなかった」と 一喜一憂しない方がいいです

現象さえ一期一会であり、最高の自分 と比べるのではなく

「今できていることを 認めて下さい」

これは何もヒーリングだけではなく、全ての経験に当てはまるでしょう

高次元存在と繋がることにより「自分はたった一人ではなく、視えない存在からも愛を受け取っている」そういう風に思える時、

宇宙と自分は 愛の世界の中、分かつことなく元は一つであるという、喜びを感じることができます

そしてまた逆説的に「スピリチュアル体験」を追い求めることのないようにとお伝えします

喜びを感じることができればそれはとても素晴らしいのですが、日常世界を疎かにして、視えない世界を追いかけても、この3次元世界の地球にいる意味があまりないように思います

視えない世界からの愛のサポートを受けつつ、ご自身がこの地球次元で喜びと、望む現実を作れるように生きていくサポートになれば幸いです

全ての次元を含んで この地球に私たちはいます

肉体をもたないことを追い求めるのなら、肉体から離れた後に好きなだけそれを体験できます

この星に生まれてきたのは、この星でしかできないことを体験するために生まれてきました

スピリチュアルな体験を通して、この3次元世界で楽しまれるように、喜びを持って生きていくために わたしが出来ることをお手伝いしますね
 

貴方が受け取るのは幸せ?

※セッションをお受けになる前にシリーズ

わたしがセッションやWSでお伝えしたいものは

【幸せを感じる 心】

見えない世界の 龍や天使を呼び

【わたし】が一方通行で伝えるのではなく【貴方】が感じ取ってほしいのです

だれかに「貴方の後ろの天使が~と言っています」
こんな形のセッションもあるでしょう

他者を否定したりはしません

でも わたしが【自分で 愛の存在】を感じた時
わたしは 愛され 守られ 一人じゃないことを
心で 魂で 知りました

だから わたしはたぶん珍しい体感型チャネリングで貴方達に彼らを繋いでいくのです。。。

でも 心の葛藤に【感じる世界でもがいてはいないでしょうか?】
何ともいえない気持ちで 皆さんを見ている時もあります

「感じなかった」
「感じたけど見えなかった」
「見えたけど声が聞こえない」

あらあら。。。
貴方に幸せを伝えようとしているのに
人の心は 欲は果てしないと思います

ねぇ 今貴方が感じる力も、貴方の波動が落ちてしまえば
【感じることすら 無くしてしまう】のに

失うことがない感覚だと思っていますか?

この見えない世界において【永遠などどこにもない】のです

かつて 巫女 チャネラーは 常乙女(とこおとめ)が当たり前であり
男性と交わることは禁忌とされ
そのタブーを犯した者はチカラを失うとされました
実際 そういう巫女たちも多かったでしょう

なぜなのか わたしには わかります

人を人間的に恋し、愛すると
欲 嫉妬 妬み 怒り 悲しみ この側面も味わうからです
裏切りに激しく感情を揺さぶられ 心乱していった巫女たちは【見えざる世界の住人】では なくなってしまいました

もちろん人を愛し 高みに 昇りつめ 綺麗も汚いも合わさった世界の中から 真の美しさを見出す者は 巫女の力を持ち続けた人もいました

心清らかに まっすぐ 精進して生きてきた人でさえ

あっという間に心乱れて 波動を乱し 落とし 得ていた感覚を無くしてしまうものです

それでも 一人の女性として生きたこと 愛を感じたことに 
一生をかけた恋に後悔がない方もいたかもしれません
たとえ 終わりが望んだものではないとしても

どの世界で生きるのも自由です

ですが、「~できない」と わたしは 悲しさを感じることの為に
セッションで貴方に愛を送っているのではないのです

以前のセッションの方が感じたのに 今日は感じなかった

他の方のWSでみんなが感じたのに 私だけ感じなかった

「・・・・・」

何百とセッションをしてきて 分かった簡単なこと

【毎回違って 当たり前です】

貴方が喜びに満ち わたしと ワクワクする気持ちでいれば
たくさん 受け取れます

それが 事実

貴方が 分からないと混乱し がっかりし 猜疑心を向け
反発していたら わたしが注いだ愛を 自ら 捨ててしまっているのと同じです

【比べること】の危険さ
他人と比べないで下さい
過去の自分と比べて下さい
過去の自分より できていない日もあることも 覚えておいてください

そして わたしが高次元存在と繋げたり 初めてエネルギーが分かったり
高次元意識を体感したり、、、

【人生で初めての体験】かもしれないのですよ?

初めては 1回限り

2回目は 2回目 1回目は もう二度とないのです

【人生で初めて】を 心から味わって下さい
ワクワクと喜びとで魂を輝かせて下さい

貴方達ががっかりするのを見て わたしもがっかりしてきたものです

見えないことに 感じないことにフォーカスをするからです

チャネラーでさえ 波動が落ちれば 高い存在と繋がりにくくなるのです

セッションで欲を持たず 無邪気に 遊んでくれる方の方が
不思議体験が起こるのは 何故でしょう?

わたしには なぜ か わかります。。。

貴方が喜びを感じたいのなら 喜び

貴方が失望したいのなら 失望

ご自分がそういう経験をしたいのだと 今は 分かるのです

もし がっかりしたり 失望するのなら
まずは【貴方の心のありよう】を 見つめる時間だと思いますよ

【当たり前など どこにもない】

セッションを受け続けてくれた方 WSに連続で参加なさって
色々感じたり 喜びを得たりする方

【永遠はどこにもない】

【貴方の波動は 毎回 変化しているのです】

起きることは 貴方の波動レベルで変わってきます

いちばん簡単なのは 【心を開いて 遊ぶこと】

ただワクワクしながら 無邪気に受け取ること

指摘はしませんが 反発のエネルギーが大きい方は
自分の中の【不満】をより増大させていっています

「ここに お花がありますよ」
そう言ったら

貰えるものだとおもっていますか?

待っていれば 誰かが与えてくれると思いますか?

自ずから欲し 手に入れなければ そのお花は 貴方の手元にはないままです

わたしは 貴方に 遊びをお伝えしているのです

それは また白も黒も方向次第で変わるものですから 真剣に

経験で意味づけは 貴方しかできないのです

幸せを感じたいですか?
不満を感じたいですか?

誰かのせいにするということは 永遠に同じ問題がつきつけられる可能性がありますよ

自分の問題は 自分で起こした一部を 認めてみることも必要です

責めることなく

さぁ もう一度 【わたしは貴方の鏡です】

だから セッションで受け取るものは 貴方の反映です

喜びを感じて頂きたいと思います

ワクワクと 輝きと 自分を信じること 自分の可能性

あなたは 何を 感じたいですか?

あなたが本当に受け取りたいのは何ですか?

※わたしは きれいごとばかりではないことも 伝えていきます
それが 真実に近いと 思うのならば。。。
 

基本にして最大の波動の法則

※セッションをお受けになる前にシリーズ

【波動】
ウィキ
http://ja.wikipedia.org/wiki/波動_(オカルト)
【世の理(ことわり)】基本にして最大の波動の法則
『観念のリリース』


ヒーリングにおいて【波動が高い】はもっとも重要なことです

【起こること】は 波動によって変わるからです

良いエネルギー 良い状態 結果をだすのは
高波動エネルギーを浴びることです(ヒーリングなど)

波動は英語にして vibration バイブレーション

その人物から発せられるエネルギーのことです
(人 物 存在する全てが波動を放っています)

高波動とは何なのか?
とっても簡単に言うと

「あたたかく 軽く 気持ち良い」エネルギーです

こう書くととっても簡単なことに思えますよね?
でも 見えない世界 一言では言い表せない奥深さがあります

ヒーリング力を上げるには、「波動を上げる」ただそれにつきます

レイキが古いとかどこかで聞いたりもしますが
波動が高い人のレイキは(どんなヒーリングの手法であれ)
半端ない結果をもたらします

どんなヒーリングも使い手の波動が反映するのです

また波動が高いと 愛に満ちている は 別のことです
リンクはしています

愛に満ちている場合は その人がどんな観念を持っていても
誰かを愛し 愛のエネルギーを放っていれば 愛の部分においては波動が高い状態です

能力があるけど観念まみれの人がパワーヒーリングができても
精神 感情 魂の層にまで働きかける高いレベルのヒーリングエネルギーではないということです

【観念】
人が【感情を持つ】源は ご自分がどんな観念を持っているか、
そこから決まります

一つの現象において 一つの事実があるとします
その事実に 意味を持たせ 感情を感じるのは
ご自分の観念が起こすもの

例えば ここに【病気で人が死んだ】という事実があります
その事実は 単にニュートラルに見れば
【人が死んだ】ということだけであり 感情は伴わないのです

でも そこに【まだ幼い不治の病の子供】 という 状況が分かるとします

すると たくさんの人が【可哀そう】【悲しい】【不公平だ】
ネガティブな感情を抱くのです

その感情が創りだされるのは【幼い子供が亡くなるのはかわいそうな出来事である】という 観念から来ています
観念は 道徳や 長い間の習慣や その人の周りで取り入れられてきた考え方なのです

しかし 別の文化では【人が亡くなるのはこの苦しい世界から旅立ち天国に行ける素晴らしい出来事】と捉えている人たちの集まりがあります

その人達の観念は上記のようなものなので、人が亡くなる前にはその人自身が立派な棺を作ったり、お葬式では部族中が盛大な幸せなお祝いをして、だれも涙を流したりはしていません
祝福しているのです

【人の死】という出来事は ただの事実であり
それに意味づけするのは 人々の持つ観念から来る感情なのです

ご自分の観念次第で 起こる結果に意味づけは全く違うのです

人間の観念的感覚を持たない 宇宙存在 からしたら
【ただ人が亡くなった】という事実であり 魂は不変 またその魂は違うステージに移行して 肉体を持たなくなっただけ という認識ですから 【可哀そう 寂しさ】といった感覚はないでしょう

わたしは人間ですから、もちろん大事な人や愛する人が亡くなったら
寂しいと感じますし、不条理な出来事でのことでしたら 怒りを感じるでしょう。

ですが 起こる出来事には その人のカルマや発するエネルギーが引き寄せたもの また魂の挑戦など 複数テーマがあるので 多角的に起こる出来事を見るようにしています

そうすることができる時 怒りや悲しみを早く手放すことができます

強いネガティブな感情が人々に渦巻いている時
それは【彼らの観念の反映】とも言えます

【当然~しなければならない】というような観念は 強い感情をもたらすでしょう

簡単に説明すると
【ご自身が頑なに手放さない思考パターン】は ネガティブを手放せず
自分の心を縛っている状態ともいえます

ヒーラーという仕事に就く以前から
【観念のリリース】 ということを 心がけています

一つの観念がリリースされたと思ったら また別の観念がそこに存在していたりする 途方もない作業のような感じもしますが

自分が抱えてきた大きな問題が、自分の創りだした観念であると気づいた時に 一つの大きな学びを終え 心が楽になり
それに対して 責めることも批判することもなく ニュートラルな状態でいられるようになります

誰かがヒーリングで一時的にネガティブエネルギーを除去したとしても
本人の思考が 古い観念を手放さない限り 同じ要らないエネルギーを作り続けてしまうのです

わたしが 高次元存在のチャネリングやハイヤーセルフのチャネリングでメッセージをお伝えする時は その方の観念体系とは違う視点からのチャネリングをお伝えして 本人が観念をリリースするように持っていくメッセージを発します

全ては本人の観念の捉え方次第
抱き続ける感情も 起こる現象も

わたしのチャネリングは未来予知とか前世のお話しはしません

※ 予言の書 アガスティアの葉では だいぶ後になりますが
【予知をし 人々を困難の前に 導く】とは書かれています
今の私は チャネリングに予知を考えたことはありません
未来は変動しやすいからです

アガスティアの葉に書かれているので その時が来るのなら それはもっと自分が皆さんの役に立てるものが精度が高く、サポートができる状態の時にお伝えできるかもしれませんね

前世が一時的に見えることもありますが
【問題】の一側面であり、問題の前世の原因さえわかれば 癒されるということではありません
もっと複合的な魂のテーマなのです
そして 今時のスピ事情からか【前世・過去世】を伝えるあまり
逆に執着される危険性を感じています

【わたしは 過去世 王族・神官や巫女でした】

そういうことは なにか必要なことでしょうか?
【今】何ができるか、今 どういう状態か 今 どんなサポートができるか

過去世の何かが 今 本人や周りを助ける力にならないのならば
重要なことではないでしょう

大事なことは【物事の本質】ですから

また たくさんの方が知らないと思われるのは
【能力】と【波動】は 別のものです

能力があるヒーラーやチャネラーが 波動が高いわけではないのです

【能力】の定義は色々あるのですが
資質がある、力がある、技術がある、、、

最初の方でもお伝えしましたが、力技の限界はあります
しかし 技術を持っている場合は 人に伝授できることもできるでしょう

ヒーリング チャネリングにおいて【波動の高さの維持】は難しいものです

ネガティブな気持になったり 怒りや妬みや悲しみに捉われたりしたら波動はすぐに下がるものだからです

誰かに波動を高めてもらうことは基本的にできません
ヒーリングで一時的に上がっても
ご自身の観念がリリースされていない場合は
もとに戻るからです

波動を高めるのに観念のリリースが必要であり
また ヒーリングではなくても
自分の心を楽に生きやすくするために
見つめてみるのはいかがでしょうか?

見たり感じる感覚を持って波動の高い状態を分かりやすく伝えるとすれば

波動が上がっている状態は
オーラ体が拡大し、光輝き、エネルギーは明るく、軽やかで、気持ち良く、エネルギーの粒子は細かく振動数が高いのです

波動が高い方の側にいれば わたしは体感で気持ち良いと感じます
超高波動の至高体験をしている方に会ったことがありましたが
数m先からでも その方のとろける様な気持ちいいエネルギーで
こちらも気持ち良く思考が停止してしまう状態です

わたしは体感型 クレアセンテンスが発達していますし
他の方のこの感覚を開くのを得意としていますが
理由の一つに チャネリングなどは クレアセンテンスも含んだ複合型の方が深いリーディングや 波動の低い存在に騙されないからです

誤解をする方がいるようなのですが
【高次元意識開発】で次元意識を上げてもらうことと
【波動が上がる】ことは別物です
これについては また別の機会にきちんとお伝えしないといけないと思っています

ある例をお話ししましょう(チャネラー・リチャード氏はその人物が特定されない状況であるなら プライバシーの侵害ではないと伝えています)

あるお話し会をした時のことでした

こういう時というのは、わたしの世界観や日記や文章を読んでいない方が【紛れ込む】ことがあります。
そういう方ですと、お話しの世界観の定義や前提が伝わっていないので 【理解】をしてもらいにくいのです

また【理解をする】というより【自分の世界観を押し付ける】傾向もありえます

一人ひとりお話しをしてもらい、その度にわたしの横に席を移してもらいます

時に背中に手を当てヒーリングやリーディングをしながら お話し会は進められました

【紛れ込んだ方】はお話し会の最初の方から 周りの方の調和がとれずに 自分の世界観を一方的に話し 疑問をぶつけ 色々な意味で異質でした(排除しようとは思いません)

その方の番になり 隣の席に座ってもらいその方の話しは始まりましたが かみ合うことはなく、、、

「わたしはチャネリングできるんです。最近色々な存在がいます。聞こえない声が分かります。~(省略)」

チャネリングができる方は この世にたくさんいます

問題は その人が観念まみれのチャネラーだと 伝える内容も精度が低く ご自分の観念やエゴが反映され 究極【何と繋がっているか】が怪しいのです

チャネリングができる ことより 【何とチャネリングしているか】が一番重要です

またチャネリングをしているのに 何とチャネリングしているのか分かっていない状態なので、来る存在と片っ端からチャネリングしているようでした

存在は高い存在 低い存在 混合しています
見極められないのなら 危険な状態を伴うことにもなりかねません

その時の一番の問題は わたしはその人のそばで 絶えず 発するエネルギーが痛かったことです

触れることもできませんでした

ネガティブで観念まみれのエネルギー&お話しを発しているので その方に憑いている(付いている ではなく)存在は わたしからしたら浄化をして繋がりを断った方がいいレベルのものでした

個人セッションではありません
遠まわしにお伝えしました
『ご自分の考え方をポジティブにして 抱えているものを整理していった方がいいですよ』

「そうですか?わたし 以前より 楽になったんですけど。それで 白蛇様が、狐が~」

答えるよりも先に その方の反発のエネルギーを受け取りました

『チャネリングの世界は広いものです
貴方の知っている世界以上に色々ありますよ
大きな枠で捉えるようにした方がいいです』

こんな風にあっさり簡単にお伝えはできませんでしたが(遠まわしに
わたしなりに一生懸命伝えました

しかし最初から自分の世界観が強く、聞く耳をお持ちではない状態です

スピの世界を知ると自分の学んだレイキやスピ世界の定義や常識が当たり前だと思ってしまいがちですが
どんな世界でも変わりなく
もっと広い世界があります

自分以上の世界観に触れる機会がある場合、いったん自分の世界を横に置いて 相手の世界観を受け取って、それから 受け入れるか受け入れないか判断した方がいいと思います

良い部分は受け取り 分からない部分やついていけない部分は無理して受け入れなくてもいいでしょう

その人がどんな愛の言葉を話していても【痛い 気持ち悪い】では
それが全てを物語ります

波動の高さは競うものではありません

「あの人は波動が低いよね」こういう風潮や傾向も好きではありません

こういう話をする場合、どういう理由でお話しをしているか明らかにしてほしいものです

感覚で、なんとなく、、、という世界では自己の世界で相手を傷つけかねません

そして観念のリリースをすることで
自分の思い込みやエゴから来る自分のフィルターをクリアにしていくことは大事です

チャネリングできることよりも、どんな高い存在であれ、その人の考え方のフィルターを通してしか伝えられないからです

例えばチャネラーがイスラム教を強く信じていたのなら
その世界観を反映したメッセージに変換なされるということです

ヒーラー チャネラーは観念のリリースと特に波動の高さの維持を心がけていくようにしていきたいものです

ヒーラー チャネラーに関わらず 本当は大事なことです

どんな人でさえ 観念を見つめ直してリリースすることにより【生きやすくなります】

一番の願いは その人がしがみついている観念を手放し
魂の重荷を手放した 心軽さと 平安で幸せな気持ちを
感じて頂きたいと思っています

自分でかけた制限を解き放つこと

それが幸せを感じる最短の道であり
時に難解なパズルを解くような人生のゲームなのです

また観念のリリースとは別に一気に波動を高めることもできます

【美味しい うれしい 楽しい 幸せ きもち良い】
この状態の時 一気に波動が上がります

美味しいケーキ
きもちいいアロマのお風呂
スペシャルなマッサージ
感動する芸術

自分を喜ばせることもとっても大事なことなのです

「気づき始めた魂達が また知りたいと願う魂たちが 待っていますよ」

そんなメッセージをずっと受け取ってきて、セッションでもお伝えしているのですが、やはりこのことは 基本にして最大の法則 であるのに
受け取っていない方達も、いまいち理解しづらい方達もいることを感じてきました

そろそろ 本格的にお伝えする時期に来ているようです

わたしが今お伝えできる範囲で書いてみました

貴方が知らなかったことなら 受け取ってみて
この法則が現実を作っていることを知って欲しいと思います

高い波動を保持していれば それはエネルギーの貯金になり
望む現実を創造する原材料になるでしょう

貴方の観念をリリースすれば あなたはもっと幸せを感じるでしょう
これはゲームです

参加なさりたい方はこれを進めていくほどに、貴方自信が創った制限から自由に、軽やかに、喜びと調和を持って地球を生きるゲームなのです 
軽やかな世界へ一緒に進んでいきませんか?


ハルモニア・ラ・メール

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2-9-33 アスター開発ビル6F (サロンは別)