名古屋・チャネリング・ヒーリング・レイキ・伝授・アロマタロット・チャクラアロマ

お知らせ&コラム

スピリチュアルなお話

至高体験 クンダリーニ昇華編

クンダリーニ昇華はサイキック現象を伴う至高体験の総合版です。
釈迦や空海の体験もクンダリーニ昇華体験なのです。

私はヒーリングを受けると尾骨が痛くなる事が多々あります。これはクンダリーニの覚醒です。

尾骨には智蔵と呼ばれるクンダリーニエネルギーの貯蔵庫があります。
そして気功では丹田という用語がありますが(上丹田・中丹田・下丹田)などです。
ここでは私の学んだ丹田・センタリングという基本を
お話しましょう。

丹田はちょうど子宮の辺りに熱いマグマのエネルギーボールを
想像で創造します。けっこう下のほうに作ります。
丹田が上に上がらないように。
そしてセンタリング。
頭の真ん中にある百会(ひゃくえ)というツボから一気に
丹田をお団子上に差し込んで地球の中心に繋ぎます(想像)
そして頭の線は宇宙の中心に繋ぎます。(想像)
丹田・センタリング。天地に繋ぐ。これが基本です。

しかし私は上に繋ぎやすいので、お風呂で天に繋いだらひっくり返りそうになりました。
私は天と繋がりやすいのです。
そして地に繋ぐにはけっこう下手。

こんな感じで丹田センタリング、天地に繋ぐ、をします。
これをするのはヒーリングの基本になります。

そしてヒーリングを受けた夜、私の周りの空間が
ぐるぐる回るのです。(+_+)
怖くて酔いそうになりました。
実はクンダリーニエネルギーが上がって螺旋状に上っていったのです。
体は今流行のオーラも含めて肉体だけではなく、エーテル体やアストラル体等肉体を取り囲むようにできている別の見えない体があるのです。

ですから私はアストラル体がクンダリーニのせいで回って酔ってしまったのです。
本当に怖かったです
そして2回目のぐるぐるが来たときは丹田センタリングで
なんとか酔わずに済みました

下手なペイントですいません。(-_-;)
このように見えないクンダリーニエネルギーが肉体の外まで螺旋状に動くのです。

そしてとある理由で***万はするというヒーリングを超サイキッカーから受ける事になりました。本当に理由は言えないのですが。

そして数週間クンダリーニエネルギーのせいでトランス状態になって気持ちよくなっていました。
しかし、クンダリーニは性エネルギーなのです。

あるヒーリングセミナーの後でクンダリーニが結構あがっている女性が欲情していて
「めるちゃん。かわいい~。襲っちゃいそう(笑)」

えっ!びっくりです・・・

彼女は本気でHモードになっていました。

私も***万円ヒーリングの後のクンダリーニがあがった時は書きにくいけどHモードになってしまって大変でした(恥)
性には潔癖な私なので余計に混乱します。。。

全身が泡立ったような気持ちいい感覚に包まれ
しゅわしゅわした微細なエネルギーが体の中も
溢れて下から上へ口のほうまで来るのです。
(昇華体験の友人の話と同じでした)
金色のような溶けてしまう波動に包まれ
エクスタシーの後最後は頭頂から気が突き抜けました。

そして始まりの無 宇宙の闇を見ました。

ヒーラーであるサイキッカーはクンダリーニ昇華体験者なので性に対する罪悪感を持たないようにとよく指導していました。
肉体は気持ちいいもの。汚らわしくはないもの。
宗教が作り出した罪悪感をリリースして楽しむ事と。

なかなか難しいです・・・

前回のお話でクンダリーニの説明はしました。
すばらしい至高体験の総合版です。
私のはクンダリーニがあがったくらいのものですが。
こんな感じの昇華?でした。

それとクンダリーニ昇華をする人は今世で生まれる前に
同意があります。魂レベルで決めてきているのだと。

クンダリーニをあげれば健康になり、寝なくてもよい
体力がつき幸福感に包まれます。
昇華を目的とする人生に意味がないのを知っておいてくださいね(^^♪

◆ クンダリーニとは?


インドのサンスクリット語で、「とぐろを巻くもの」という意味の言葉です。クンダリーニは、尾骨の内側に眠っているとされる、螺旋状のエネルギーで、これは、大地のエネルギーとも生命力の根元的なエネルギーともいわれています。
古来からこのクンダリーニの覚醒によって、超能力や潜在能力が覚醒するといわれています。
激しい修行や瞑想によって昇華すると言われていますが、尾骨に衝撃があっただけで昇華する事もあります。

◆ クンダリーニの覚醒と昇華


クンダリーニ・エネルギーが覚醒すると、尾骨や仙骨が振動を始めます。クンダリーニ・エネルギーは、背骨を通って頭頂まで上がっていきます。これを「クンダリーニが上がる」といいます。そして、クンダリーニ・エネルギーが背骨と頭を突き抜けて宇宙につながり、一体化する事を、「クンダリーニの昇華」といいます。宇宙と一体化した世界、そしてこの世界こそ釈迦が到達した世界です。
クンダリーニの昇華は、至高体験の総合版といえます。クンダリーニが昇華すると肉体は変化し、サイキック能力も開花します。ただし、その期間は短く、7日~30日程度です。その期間が過ぎると波動が落ちて、以前に近い状態まで戻ってしまいます。
クンダリーニ・エネルギーが上がるときのエネルギーはすさまじく、エネルギーラインに詰まりがあると内出血などを起こし、部位によっては重大な事故になる場合もあります。エネルギーラインの整備は、クンダリーニの活性を促し、事故を防ぐための大切なヒーリングのひとつです。

◆ クンダリーニが昇華すると手に入る世界

「クンダリーニを昇華したら何が得られるか?何が出来るか?」

残念な事に、クンダリーニ昇華時の波動は急激に低下してゆき、
能力が順次失われて、一部の能力だけが残るのが現状です。
数回のクンダリーニ体験者においてさえ、似た様なものです。

肉体系
ほとんど寝なくてもよくなる
疲れない
力がみなぎっている
味覚・臭覚・視覚・聴覚・触覚が鋭敏になる
若返る
この世のものとは思えない快感・歓喜・エクスタシーを得る

ビジョン系
体が透けて見える
遠くの物や状況が見える
過去・過去世・未来が見える
オーラが見える
宇宙人が見える
UFOが見える
妖精や神様など、別の世界の存在が見える


能力系

手を触れずに物を動かす
病気を治せる
傷口を短時間でふさぐ・治す
人の願望をかなえる
自分の願望をかなえる・欲しいものを手にする
宝くじを当てる
人の心が読める
雲を消す
雷を鳴らす
雨を降らす
良いアイデアがどんどん浮かび、それがどう現実化していくかが分かる
自分に自信が持てる
至福の時を体験できる
物質化が出来る
テレポーテーションが出来る
テレパシックになる。
居るだけで、場の雰囲気が良くなる
エネルギーで人を動かせる
他人の思念の影響を受けなくなる
今までとは比較にならないくらい、物事を深く楽しめる
文章の行間にある情報が見えてくる

◆ クンダリーニ覚醒の兆候

クンダリーニ覚醒のエネルギーは膨大なものです。
そのため、クンダリーニ覚醒直後には様々な体調の変化が現れます。
パニックに陥らないためにも、どのような症状が現れるのか、知っておくと安心です。


● 肉体的徴候
感情の起伏が激しくなる。怒りっぽくなる。涙もろくなる。ちょっとの事で興奮したりする。
のぼせた様になり、首や肩が詰まった様になる。
左右の歯茎が腫れ上がり、特に膿が溜まって痛む事がある。また、歯茎がぐらぐらになったり、口内炎が出来る。
覚醒した直後、心臓拍動が強くなり、体の節々にあるリンパ節が赤く突起した様になる。
普通の頭痛と違って、頭の芯がずーっと痛い。
左右のこめかみが張ったように痛い。
仙骨・尾骨が振動する
仙骨・尾骨が熱っぽい
仙骨・尾骨が熱い
仙骨・尾骨がムズムズする
仙骨・尾骨がグキ、ボコと動く
仙骨・尾骨が痛くなる
会陰部が熱い
会陰部がむずがゆい
前立腺がつまったような感じがする
丹田(下腹部)が熱い
丹田でエネルギーがまわる
強い胸焼感
心臓の鼓動が気になる
全身が熱く、興奮して眠れない
頭頂や額が膨張したように感じる
頭全体がスカッとして、解放感がある
頭の芯が熱く、頭痛がする
意識しないのに、背骨に沿ってエネルギーが通るのを感じる
光、白色/赤色/金色などのエネルギーが背骨を通る
背骨の部分が直径20cmくらい太くなった様に感じる
体が急に熱くなったり寒くなったりする(時として熱いのか寒いのかわからない)
体に強い熱感がこもり、元気だが40度ちかい発熱を伴う
やたらと元気である
牛肉を食べると体が異常に熱くなる
性的な感じをもよおす


● 光(気功でいう丹光)を見る
紫色の光が見える
目の前が真っ白に明るくなる(まるで蛍光灯のよう)
オレンジ色のリングと、その中にクリーム色の光がちかちかと見える
銀色の光が見える
幾何学模様の回転(かざぐるまように)が見える(色はさまざま)
頭上がとても明るい
足元からサーチライトで体の中を照らされているような光を見る


●その他の徴候
意識が空中に浮いた様に感じられ、飛んでいってしまいそうな感じがする。
感情の起伏が激しくなる。
怒りっぽくなる。涙もろくなる。ちょっとの事で興奮したりする。
異常に感動するようになる
直感が冴える
デジャビューを見る
ビジョンを見る
チャネリングが始まる
感情の起伏が激しくなる
目の前のものが、非常に鮮明に見える
自信にあふれた気持ちになる
気がみなぎる

※クンダリーニが昇華して これらの能力は1か月くらいです
その後 どんどん落ちてほとんど残りません
クンダリーニが活性すると膨大なエネルギーが動き暴発して入院手術する例も
ありますから むやみにクンダリーニ活性を目指すことのないようにしましょう

変性意識編

今回の定義は皆さんが一般的に思うようにある存在や霊、ハイヤーセルフとのチャネリングという事です。

チャネリング体質、つまり霊媒体質の中で私の場合は少し複雑です。
なぜかというとフルチャネリングという部類に相当するからです。
フルチャネリングというのは存在に体を貸す事。
自分の意識はほとんどないものです。
簡単に言うと巫女体質ですね。
イタコや沖縄のユタなどもそうです。

かの有名な眠れる治療者エドガー・ケイシーもある存在と約束をしていたフルチャネラーだったのです。

私は極度の怖がりです。
本当に泣き虫の部類です(笑)
根性系ですが。

ある日寝ていた時のお話です。
うとうと半覚醒状態の時に何かの存在がいるのを感じました。
それは光の存在のようでした。
ですから半分眠っていた事もあり恐怖感がなかったので
受け入れてしまったとたんに、すごく違和感があり
気持ち悪かったので
「出て行って!」力いっぱい跳ね除けたら
その存在は出て行きました。
光の存在に扮していたという事ですね。

霊能力者には低い存在の狐や蛇などを使い
力にしている人達もいます。
低級霊をチャネリングして力を得たと勘違いしてしまう人もいるのです。
ですから違和感はすごく大事なのです。
私は感覚派なので光の存在に化けたものを感覚で看破して
追い払いましたが、もし聞こえたらどうでしょう?

「貴女は選ばれたのです。人々を救いなさい。」
大概の人は信じるでしょう。
こういうところが落とし穴なのです。
必ずしもチャネルしている存在が高いとは言えないからです。

私はチャネリングの感覚が進んだときに高い存在と
交流した事があります。
なんだか呼びたくなって来てもらい、
私が話しかけるのです。
そうすると、体に波動が伝わります。
「○○ですか?」そう聞くと正しい時には正解のようなしっかりした波のような振動を体で感じます。
質問内容が違うと振動は「あんまり・・・」というような
感じの返事をしてくれます。
そして高い存在はとても気持ち良い波動で溶けるような
波動が体中に波立ち広がっていくのです。

一番気持ち良かったのは「ハグして」とお願いすると
すごく優しい気持ちよさに体の内側からも外側からも包まれて泣いてしまいました。

そういったチャネリングの交流が一時期何回もあり
ある時は幽体離脱しかかったのです。
意識体が体から離れていくようでずるっと抜けていくような
感じ。
怖くて結局止めてしまいました。
すると私の周囲の空間がまたぐるぐると回っていました。
クンダリーニの時に近い感覚です。
肉体の周囲のアストラル体が回っている感じです。

その後はチャネリングが勝手に進み始めたので、その時にヒーリングをしてもらっていたサイキッカーに連絡して、会った時にまだ危ないからチャネリングはしないようにと軽く封印されました。

ある時期が過ぎてしまったのでその高い存在とチャネルする事はもうないでしょう。

ある時超サイキッカーに
「お風呂に入っていると勝手に視界が紫になって空間が歪みます。」
そう言ったら
「変性意識か。。。勝手になっちゃうではだめだろう。
変性意識はこう。」
目の前で見せてくれました。
そして私が何の事を言っているのかもすぐわかったのです。
というかその時は「変性意識って何?」状態でした。

彼は一瞬で変性意識には入れるようです。
(変性意識とチャネリングは関係があるのです)

「紫か。。。」
じっと見られて
「君は、紫だなぁ。」
どうもオーラとも深い繋がりがあるようです。
確かに天に繋ぎやすい私には
頭にある第7チャクラの紫色と関係が深いのかもしれません。

そしてチャネリング時にはある決まった特定の耳鳴りがするのですが、めるは子供の頃から周波数のようなある耳鳴りがしていたのも納得です。

私の場合は感覚派のフルチャネル体質なのです。

そしてエドガー・ケイシーが(信頼できるさにわがいなくて)苦しんだように意識のない状態の時に誘導する「さにわ」の存在が不可欠なのです。
ケイシーは彼の能力をいい様に使われたりして、気心しれるさにわがいなかったので大変だったのです。
彼のチャネリングを悪用され騙されたりもしました。

フルチャネリングの場合は変な存在と繋がないようにしたり、正しい情報を持ってこられるのは優秀なさにわが横にいてこそ、正しい情報を受け取る事ができるのです。

一人でチャネリングして勝手に体を貸しチャネルをする達もいますが、あまり言った事を覚えていないので話した内容などを検証できるようにしておかないと、自分が何を言っていたのか気になるでしょう。

低い存在に憑依されたり、間違ったほうへ誘導される恐れもあるからです。

昔恋愛真っ只中の時に京都の清水寺に行きました。

社殿の前に立つとこれまた気持ちいい優しい感覚にめる全体が包まれそこにいた存在がめるを歓迎してくれました!

ハートのチャクラが活性している時にはチャネリングで情報をとる事もしやすいのです。
第3の目で第6チャクラのアジューナチャクラと第4のアナハタチャクラはリンクするとチャネリングに良い影響があるのです。。。

それとチャネリングが進んでいた時期に眠っているのに
寝言で違う言語を話していたそうです。。。
聞いていた人はびっくりしたという事です。
私はもちろん覚えていません。

●変性意識状態

半睡半覚状態は変性意識状態(アルタードステイツコンシャスネス)
と呼ばれ、いわゆる通常の意識状態ではなく
潜在意識につながった状態と言われている。
カリフォルニア大学の心理学博士/チャールズ・タート博士により命名された。
その後イルカの研究で有名なジョン・C・リリー博士により
アイソレーションタンクを用いた感覚遮断状態による
意識的な変性意識状態により通常の意識状態の観察では
わからないような人間の意識の特性を捉える研究が進められた。
アイソレーションタンクによる意識変容だけではなく
明晰夢、瞑想、サイケデリック・ドラッグ(LSD)等によっても
変性意識状態に入る事は可能である。
変性意識状態では肉体の喪失感、LucidDreamや時間・空間の感覚の変化ヴィジョンを見る等の様々な体験が報告されており
心と肉体が分離する体外離脱体験と呼ばれる
アストラルプロジェクションもその中のひとつである。

不思議な光 丹光編

丹光(たんこう)この文字をあまり知っている人は多くないでしょう。

それは目を閉じていても見える光の事です。

色々なパターンがあります。

目をつぶってもチカチカして見える光がわかりやすいです。

(これは、第三の目と呼ばれるものが開き始める時に出現するものです。
第三の目は、脳の奥に位置する松果体と呼ばれる古い感覚器官、
波動的には脳の一番中心、最初の指令を出す部分ですが、そこが開発、
刺激されて起きるものです。
サイキックな能力が出現する最初の兆候は、光や幾何学模様などを見る事が多いです。)

丹光が見え出すのはサイキック能力覚醒の兆候だったり進度が分かったりします。

最初は白っぽい薄ぼんやりとした丸いものが目をつぶっていると

何となく見えてきます。(気づかない人もいます)

第3の目、額のチャクラ(サンスクリット語でエネルギーの渦)が活性している時なので眉間の感覚にも現われたりします。

眉間が痛い、圧迫される、うずうずする、(活性の兆候です)

第3の目は第6チャクラ(サイキック能力に関係する)、対応する色は濃い青色。

青いリング状の丸い光がいくつも現われて消えての繰り返しを見るようになったら、典型的な丹光の出現です。

強い喜びがある時はハートのチャクラの色緑の丹光が見えます。

恋をしたり、喜びが進むとピンクの丹光が見えるのです。

オレンジだったり、紫色だったり、目をつぶっても眩しく

銀河を見ているようなときもありました。

本当に目をつぶった方が眩しいので電気をつけて寝ていた事もありました。

ぐるぐる回る星のような光達。

サイキック回路が開き能力が上がってくると幾何学模様のような不思議な文字?や形を見たりしました。

いろんな色になったり。。。

チャネリングが始まるような時は頭頂チャクラ(第7)にも影響があるので

頭の片側ずつ光のフラッシュがさっと通り、また逆も同じようにフラッシュしていきます。(経験あり)

(至高体験 クンダリーニ昇華では色々な色に加えてオレンジの光の爆発になり色んなパターンの輝かしい丹光を見れるという事です)

不思議なのは波動が上がったときや波動が高いところでは目を開けていても丹光が見えるのです。

見えない光を見る事ができました。

ヒーリング後のワークの最中、いつもは目をつぶって見える青い丹光が

数メートル先に現われたのです。(レアなケース)

暗いところでは青い丸い光の群れが漂っているのを見ていました。

丹光ではないけど家でも白やらピンクの光の矢のようなものがぴゅんぴゅん飛んでいくのを見たり。。。

最近遠隔ヒーリングの必要性などがあり色々試していました。

目に見えない世界。時空を超え距離を越えてエネルギーは送れるのです。

レイキヒーリング(世界的に認知されているヒーリング法)にも遠隔ヒーリング方法の伝授があります。

繋がる相手も感覚が敏感だとエネルギーを受け取り安くなります。

必要なところにエネルギーを送ったり。

そして私のチカラ、サイキッカーでエネルギーを扱うタイプの人間は

私のエネルギーで受け手のサイキック能力が開花しやすいのです。

私に心開いて同調すれば、その人の眠っている能力を覚醒する事もできます。

本来エネルギーに敏感な方は私のヒーリングを受けると波動に敏感になっていきます。

遠隔ヒーリングモニターを頼んだ方。とても潜在能力も高く顕在能力もあります。

能力者には能力者が引き寄せられる法則ですね。

その人は電話した瞬間から繋がりました。エネルギーの流れを即感じてくれました。

電話がなくてもできますがお互いの意識を繋ぎやすくする為です。

お腹の下のほうにある丹田(エネルギー貯蔵庫)の温かさを感じ、

胸の方まで広がりふんわりした水蒸気のような感じがしたそうです。

(体感は人それぞれ違います。温かいは基本です)

*丹田 気功などで使われる用語。大地のエネルギーを取り入れて活性化させています。丹田をしっかり作る事によりヒーラーも扱うエネルギー量が違ってきます。

部位の温かさを感じるだけでも敏感な方なのに、光を見始めました。

その人は虹色の丹光を見ていたそうです。

日食のようだったと。数個の虹色のような輪ゴム状の光を見ていたと。

何回かヒーリングしたり、会っているだけでも回路が開きやすい人は

私のエネルギーの介在で覚醒しやすいです。

私の波動の振動が伝わり共振するとおもしろい現象が起こり安くなります。

そして大切なのは心開いて波動を高くしているとき(楽しい、喜びの感情のとき)に、お互いの心を通じて受け取り手は、その人に応じたギフトを受け取るのです。。。

この不思議な光は、もしかしたら幼い頃に見ていて忘れているという人もいるようですよ。。。

魂の約束 多次元存在エクトン個人セッション編

私はヒーリングを受け続けた時に本格的にチャネリングが始まりました。

それをその時のヒーラー&チャネラーの先生にお知らせしました。

高次元存在D、ドイツのチャネラーマルティーナ(マテリアタキオン社)がチャネルするSとD。

その存在とのチャネリングに自信がなかった私に

「私のタイプのチャネリングは 存在と魂レベルで 約束している」

そう教えてもらい、それを告げられた瞬間 存在から合図のように

高波動のエネルギーの衝撃波動が送られ 魂の約束を 思い出しました。

しかし 私は 色々な事で悩み葛藤し 進む道を 歩みませんでした。

後悔もたくさんしました。しかし私の直感は間違っていなかったと感じます。

心が引き裂かれる痛み 悲しみ 存在とチャネリングして大きな計画に参加できないのだと嘆きました。

それからも存在は私に 合図を送ってくれていたのに やはり 混乱していた私は 受け入れる事ができずにいました。

数年間。時を凍らせたままにして悲しみの中をただただ過ごして。

サイキックな過去世からの友人との再会。

チャネリングの感覚が戻ってきました。

友人は大きな カギ でした。

私は 存在とのチャネリングに加え その存在がまだ解明されていない宇宙エネルギータキオンのエキスパートである事を忘れられずにいました。

高波動は 一気に エネルギーレベルを変えます。

高いレベルのヒーリングができるようになります。

無限の可能性です。

私は存在を自分流でチャネリングし、タキオンエネルギーを感じ

それを使ってモニターを数人に頼んだところ、今までのレイキヒーリングのエネルギーとは違うという感想をいただきました。

そんな頃

世界的に有名なチャネラー リチャード・ラビン氏がチャネルする 多次元存在「エクトン」の個人セッションを予約していたのです。

聞きたかった事は 存在Dとのチャネリングについて、タキオンエネルギーについて。。。

リチャードは椅子に座りトランス状態になり エクトンを体に降ろします。

最初にエクトンが私の体をエネルギースキャンします。

エクトンが私の体を包んだ瞬間、あたたかい高波動を感じ、浄化され咳きこみました。

私は体感型のサイキッカーなので、存在が来た事を感じ取れます。

エクトン

★「めるさん、こんにちは。貴女は今日 非常に大事な 人生の変わり目になる事を知ってやってきましたね。
大事な選択をする時が来ています。ご存じでしょう。
私は そのお手伝いができると思います。
貴女はとても直感的でセンシティブな女性です。。。」

エクトンは知っていました。

★「貴女の状態をスキャンしたところ 悲しみに包まれており、少し怒りもあり、、、」

エクトンは的確に私の状態を述べてくれました。

私は数年前から起こった出来事、取り巻いていた環境 存在Dとの事 タキオンの事 色々話しました。

エクトンは

★「貴女のその存在は、、、、、、、、ですか?」

たくさんの事を尋ねてきました。

「はい、そうです。」

★「すばらしい。その質を携えているのは ハイヤーレベルガイダンス(存在)です。」


★「存在Dが貴女のリアリティを訪れている訳は 貴女より賢く、スピリチュアリティがあり、優れているからではないのです。
貴女と共通の資質があるからなのです。

間違いなくチャネリングをしています。
貴女が望むレベルではないにしても いつも 途中 なのです。

今まで身につけてきた、いらない信条と定義を振り払うようにしています。
そうです。
もっともっといらない 考えを取り去り、裸に、それと同時に、新しく柔軟にもっと自由になるのです。

私が望むのはめるさんが幸せを感じる事です。

貴女がスピリチュアルを探求する事により、なさる事が、結果的に幸せを感じる事を望みます。

人を癒したい、サポートしたい、奉仕したい、その素晴らしい思いから貴女はヒーリングやチャネリングやタキオンエネルギーを使おうとしているのです。マシーンは関係ありません。(エネルギーをチャネリングしてみて)過去との接触を絶って良かったのです。

貴女のような人には 難しい決断もあるかもしれませんが それが結果として貴女がより自分を感じ幸せになれるのです。

存在Dは 貴女バージョンのDです。
他のチャネラーのDではありません。

チャネリングをしなければ幸せになれないという事ではありません。
もっと楽しく幸せになれる事があったら それをすれば良いのです。

ここにDは今来ています。
Dから感じた事をエクトンに伝えてください。」

「彼が来ています。言葉は降りてきませんがとても温かいエネルギーに包まれています。」

★「本当にとっても彼のエネルギーは暖かいですね。
彼とは私は近しい次元の友人の存在ではないですが
誰にとってもDはとてもいい存在です。
貴女はとても良い存在と繋がっています。

彼は若々しい男性のエネルギーを持っていますね。
戦士のような、学者、聖者のような、神官のような、エネルギーです。

チャネラーがチャネリングする相手と 同質 のものを持っているからチャネリングができるのです。

めるさん、貴女はとても素晴らしいハイヤーガイダンスと関係を持っています。


めるさん、この地上に もたらされた 天国 これを造り出すのがあなたの仕事でしょう。

私の目の前に すばらしい ティーチャー、ヒーラーが見えます。

最後に 私は リチャードの体から離れて行く前に 何か最後の質問はありますか?」

私はずっと涙を流しながら。。。。

「たくさん受取って 受け取りきれないくらいだと思います。
何も思いつく事がありません。

最後に エクトンの愛のエネルギーを感じさせて下さい。」

★「そうです。受け取りきれないくらいの情報でしょう。
そして 愛 以外のものはあるでしょうか?

愛 以上の エネルギーがあるのでしょうか。
でもそれすらただのエネルギーです。

あなたはこういった愛をこれからシェアしていくのです。

貴女が私の愛を感じられる唯一の理由は、貴女が同じ愛を持っているからです。

貴女の存在との関わりも同じなのです。

とてもたくさんの愛を携えている女性です。

それをたくさん自分にあげてください。
愛以外の事をしている人たちの事は手放してあげてください。

良い選択をDとの関わりのなかでしています。

貴女バージョンのDなのです。

めるさん 地上にもたらされた美しい人間としての愛をまとっている創造者。。。それでは 愛とともに ごきげんよう。」

エクトンは リチャードの体を離れていきました。

目覚めたリチャードは 言いました。

★「トランス意識の傍らに 存在Dを感じていました。
とても とてもパワフルなエネルギーの存在でしたね。」

素晴らしいセッションでした。

チャネラーの悩み、高次元宇宙存在について
誰に尋ねる事ができるでしょう?

誰が適切な答えをくれるでしょう?

エクトンのセッションは まさに 私に 必要なものでした。

とてもとても感謝しています。
ありがとうございます。

後日にエクトンのチャネリングセミナー初級に出席しました。
もともと買っていたCDと同じ初歩的な事をしましたが

それでもリチャードが エクトン に変わる度に

第3の目 サードアイが活性して痛くなります。

チャネリングのフリをしているのではなく
まさにエクトンが降りてきているのを私は感じ取っていました。

世界には素晴らしいチャネラーがいて 素晴らしいカウンセリングをしています。

大きな背中を見て もっともっとと 欲 になってしまうのは良くない事ですが

今できる事 できうる限り

高次元存在DとSをチャネリングで繋がり、時にメッセージをもらい
存在のエネルギーを体感してもらうという珍しいチャネリングをします。
クライアントさんの守護存在も同様に降ろします。

存在と繋がりそのエネルギーでヒーリングやプロテクションを張り、レイキなどのアチューンメントの時にもチャネリングしながら高次元存在と繋がってより宇宙エネルギーを使える回路を開いていきます。

たくさんの方が存在の 愛に 触れています。
感じています。

もっともっと進化して みなさんのサポートができるように
歩んでいくつもりです。。。

※ここでは尋ねた全ての質問の答えを書いてはいません。
ある種の人々には受け入れがたい事もあるからです。

何度聞いても涙を流す内容の、必然と呼べるセッションでした。

『真実は相対的に変わっていくのです』

ハルモニア・ラ・メール

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須2-9-33 アスター開発ビル6F (サロンは別)